コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミン酸化酵素 アミンさんかこうそamine oxidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミン酸化酵素
アミンさんかこうそ
amine oxidase

通常はモノアミン酸化酵素 MAO をいう。酵素番号 1.4.3.4。 RCH2NH2+H2O+O2→RCHO+NH3+H2O2 の酸化反応の触媒。動物組織,細菌に分布。血漿の酵素はスペルミン,スペルミジンに強い作用を示す。また,組織の線維化と関連し,肝硬変などの線維化の程度と活性が並行することから,臨床診断にも応用されている。至適 pH 6.8~7.0。球状蛋白質。等電点 pH 4.5。キレート剤で阻害される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アミン酸化酵素の関連キーワードMaO抗うつ薬ヒドラジドMAOマオカラーイミプラミンエフェドリンフーフMAO阻害薬モノアミンオキシダーゼ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アミン酸化酵素の関連情報