アムラー遺跡(読み)アムラーいせき(英語表記)el-Amrah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムラー遺跡
アムラーいせき
el-Amrah

エジプトのナイル中流域アビドスの南方 9kmのナイル西岸にある先王朝時代初期のアムラー文化標準遺跡。 1896年にフランスの J.モルガンらが,1900~01年にイギリスの D.R.マッキーバーらが調査した。A,B2ヵ所の墓地で円形あるいは長方形の墓が数百基発掘されたが,遺体は屈葬で,黒頂土器,白線赤色磨研土器,彩文土器石製容器パレット,ビーズ,象牙製の腕輪スプーン,粘土像などが副葬されていた。このほかゲルゼー期,第1,12,18王朝の墓も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android