コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリウス Amulius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムリウス
Amulius

ローマの建国伝説の人物。ラテン都市アルバの王プロカの子で,父の死後,兄のヌミトルの権利を剥奪して,同市の 15代目の王となり,ヌミトルの息子たちは殺し,娘のレア・シルウィアは処女を保たなければならないウェスタの巫女にして,ヌミトルの子孫の復讐を受けないよう万全の予防策を講じた。しかしレアはマルス神の種によってロムルスとレムスを産み,アムリウスがティベル川に捨てさせたこの双子は奇跡的に助かり,成長して自分たちの素性を知ると,アムリウスを殺してヌミトルをアルバの王位につけ,自分たちはローマを建設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアムリウスの言及

【ローマ神話】より


[ローマ建国伝説]
 ユルスから数えて13代目に当たるアルバ・ロンガの王プロカProcaに2子があった。兄ヌミトルNumitorは弟アムリウスAmuliusにより王位を簒奪(さんだつ)される。ヌミトルの男児は殺され,娘レア・シルウィアRhea Silviaは純潔保持を課せられるウェスタの巫女にされるが,マルス神によってみごもり,双子を生む。…

※「アムリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アムリウスの関連キーワードロムルス

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android