コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムンゼン湾 アムンゼンわんAmundsen Gulf

2件 の用語解説(アムンゼン湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムンゼン湾
アムンゼンわん
Amundsen Gulf

北アメリカ,カナダ北方のボーフォート海の一支湾。西経 124°,北緯 71°付近にある。奥行約 400km。最初に探検したのは,イギリス人ロバート・マックルールであった。彼は 1850年北西航路を経て最西端まで達する予定であったが,実際には,プリンスオブウェールズ海峡の凍結のため,別のルートを通って湾の北東部に到達した。 1905年 R.アムンゼンが北西航路を経てこの湾を通過することに成功した。そのためこの湾名の由来となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムンゼン湾
あむんぜんわん
Amundsen Gulf

カナダ北西部、カナダ本土とその北側のビクトリア島バンクス島に挟まれた湾。東西約400キロメートル。西は北極海のボーフォート海に開け、東はいくつかの海峡を経てバフィン湾に通じ、カナダ北極海諸島海域を横断する北西航路の西端にあたる。1903~1906年のアムンゼン探検隊の初通過にちなみ命名。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone