アメリカアリタソウ(英語表記)Chenopodium ambrosioides var. anthelminticum; wormseed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アメリカアリタソウ」の解説

アメリカアリタソウ
Chenopodium ambrosioides var. anthelminticum; wormseed

アカザ科多年草で,熱帯アメリカ原産。日本に帰化し,都会地周辺の雑草となっている。の高さ1~1.5m,全体に独特の臭気がある。全草に駆虫剤ヘノポジ油が含まれており,十二指腸虫,回虫,鞭虫などの腸内寄生虫にききめがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアメリカアリタソウの言及

【ケアリタソウ】より

…種子は黒褐色で光沢があり,レンズ形で直径約0.7mm。変種のアメリカアリタソウvar.anthelminticum (L.) A.Grayは全株ほぼ無毛で,花序が細く,葉の欠刻があらい。この種からとるヘノポジ油chenopodium oilは強力な駆虫作用がある。…

※「アメリカアリタソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android