アメリカアリタソウ(英語表記)Chenopodium ambrosioides var. anthelminticum; wormseed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカアリタソウ
Chenopodium ambrosioides var. anthelminticum; wormseed

アカザ科の多年草で,熱帯アメリカ原産。日本に帰化し,都会地周辺の雑草となっている。茎の高さ1~1.5m,全体に独特の臭気がある。全草に駆虫剤ヘノポジ油が含まれており,十二指腸虫,回虫,鞭虫などの腸内寄生虫にききめがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアメリカアリタソウの言及

【ケアリタソウ】より

…種子は黒褐色で光沢があり,レンズ形で直径約0.7mm。変種のアメリカアリタソウvar.anthelminticum (L.) A.Grayは全株ほぼ無毛で,花序が細く,葉の欠刻があらい。この種からとるヘノポジ油chenopodium oilは強力な駆虫作用がある。…

※「アメリカアリタソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android