コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ体制派経済学 アメリカたいせいはけいざいがくpolitical economy of American system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ体制派経済学
アメリカたいせいはけいざいがく
political economy of American system

アメリカ国民主義経済学 American political economyともいう。 1820~60年頃のアメリカにおいて主張された国民主義経済学をいう。アメリカの独立後,20年頃までは A.スミス以来のイギリス古典派経済学が支配的であったが,1820年代に入りアメリカの経済的後進性を反映して,保護貿易論を基調に国内市場の開発とアメリカ産業資本の確立を説く経済学が台頭し,イギリスやヨーロッパへの従属から離れてアメリカ独自の経済体制の確立を意図したことからこの名がある。 D.レイモンドが主張し,当時アメリカに滞在していた F.リスト (『アメリカ経済学綱要』 Outline of American Political Economy〈1827〉) によって確立され,H.C.ケアリーによって完成された。なおこの派をアメリカ学派とも呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アメリカ体制派経済学の関連キーワード黒人文学情報科学技術協会(米国)PAUバン・ドーレンターナーAFNニュー・カラーフリードランダーポリティカル・コレクトネスマーク(Mary Ellen Mark)

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android