コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アユタヤの日本人町跡 アユタヤのにほんじんまちあと

1件 の用語解説(アユタヤの日本人町跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アユタヤのにほんじんまちあと【アユタヤの日本人町跡】

タイ中部、古都アユタヤの中心部からチャオプラヤー川沿いに南に下った西岸にある、アユタヤ王朝時代の日本人居住区の遺跡。17世紀(江戸時代初期)に朱印船(しゅいんせん)貿易を行っていた商人や傭兵の日本人が築いた町で、最盛期には1500人以上の日本人が暮らしていたといわれる。日本で関ヶ原の戦いがあったころ、ビルマミャンマー)のタウングー王朝からの攻撃にさらされていた当時のアユタヤ王朝は、実戦経験豊富な日本人を傭兵として雇い入れた。その傭兵隊長を務めたのが山田長政である。1630年ごろ、謀反を理由にこの町は焼き払われ廃墟となった。◇「日本人村」(Japanese Village)などとも呼ばれる

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone