コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アユタヤの日本人町跡 アユタヤのにほんじんまちあと

1件 の用語解説(アユタヤの日本人町跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アユタヤのにほんじんまちあと【アユタヤの日本人町跡】

タイ中部、古都アユタヤの中心部からチャオプラヤー川沿いに南に下った西岸にある、アユタヤ王朝時代の日本人居住区の遺跡。17世紀(江戸時代初期)に朱印船(しゅいんせん)貿易を行っていた商人や傭兵の日本人が築いた町で、最盛期には1500人以上の日本人が暮らしていたといわれる。日本で関ヶ原の戦いがあったころ、ビルマミャンマー)のタウングー王朝からの攻撃にさらされていた当時のアユタヤ王朝は、実戦経験豊富な日本人を傭兵として雇い入れた。その傭兵隊長を務めたのが山田長政である。1630年ごろ、謀反を理由にこの町は焼き払われ廃墟となった。◇「日本人村」(Japanese Village)などとも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アユタヤの日本人町跡の関連キーワードアユタヤアユタヤ朝チャオプラヤー川ロッブリーチャオ古都美ちゃんちゃおアユタヤ世界遺産の祭典古都アユタヤ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone