コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラウンドパイロン around pylon 

1件 の用語解説(アラウンドパイロンの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

アラウンドパイロン

一般的にアラウンドパイロン360度連続旋回を言う。ある地上の目標物(地点)を中心に360度旋回を連続して行うこと。風のある状態でそのまま360度旋回を行えば、目標物から風下に軌道がずれてしまう。このズレを考慮しながら旋回を行う技のこと。特にクロスカンロリー飛行など普段、降り慣れていない所へのランディングの際、目標地点を定め風に流されない様、自分の位置をキープして高度処理を行う時にもちいられる。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラウンドパイロンの関連キーワードグラウンドゴーアラウンドパイロンアラウンドアラウンパヤ朝レッドパインエイトアラウンドパイロングラウンド技ムーブアラウンドカムアラウンド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone