アラウンドパイロン(読み)around pylon 

パラグライダー用語辞典の解説

アラウンドパイロン

一般的にアラウンドパイロン360度連続旋回を言う。ある地上の目標物(地点)を中心に360度旋回を連続して行うこと。風のある状態でそのまま360度旋回を行えば、目標物から風下に軌道がずれてしまう。このズレを考慮しながら旋回を行う技のこと。特にクロスカンロリー飛行など普段、降り慣れていない所へのランディングの際、目標地点を定め風に流されない様、自分の位置をキープして高度処理を行う時にもちいられる。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android