コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラウンドパイロン around pylon 

パラグライダー用語辞典の解説

アラウンドパイロン

一般的にアラウンドパイロン360度連続旋回を言う。ある地上の目標物(地点)を中心に360度旋回を連続して行うこと。風のある状態でそのまま360度旋回を行えば、目標物から風下に軌道がずれてしまう。このズレを考慮しながら旋回を行う技のこと。特にクロスカンロリー飛行など普段、降り慣れていない所へのランディングの際、目標地点を定め風に流されない様、自分の位置をキープして高度処理を行う時にもちいられる。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

アラウンドパイロンの関連キーワードエイトアラウンドパイロンフィギュアエイト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android