アラリック2世(読み)アラリックにせい(英語表記)Alaric II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラリック2世
アラリックにせい
Alaric II

[生]?
[没]507. ポアティエ付近
西ゴート王 (在位 484~507) 。アキタニア,プロバンス地方を領有し,『西ゴート人のためのローマ法』 Lex Romana Visigothorumを編纂した。アリウス派信仰のため,フランク王クロービス1世に異端の口実で開戦され,敗死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android