コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アランドル(伯家) アランドル[はくけ]Arundel, Earls of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アランドル(伯家)
アランドル[はくけ]
Arundel, Earls of

フィッツアラン家,続いてハワード家に継承されたイギリスの貴族の家柄。アランデルとも表記される。リチャード・フィッツアラン (1267~1302) が,1289年サセックスのアランドル城を含む領地に封じられて初代伯になったのが最初。4代伯リチャード (46~97) は,リチャード2世に反抗して斬首された。 12代伯ヘンリー (1580没) は,枢密顧問官として,J.グレーの国王擁立に反対し,メアリー1世を支持。彼の死後,伯爵位はノーフォーク公 (4代) に嫁した娘メアリーを通じてその子フィリップ・ハワード (57~95) に伝えられ,彼がハワード系の初代伯になった。ノーフォーク公が刑死したため,その子孫は公爵位を継承できなかったが,1660年 16代伯ヘンリーのときに公家再興が許され,アランドル伯の称号は解消された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アランドル(伯家)の関連キーワードフィッツアラン家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android