コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリゲーターガー アリゲーターガー Atractosteus spatula; alligator gar

4件 の用語解説(アリゲーターガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリゲーターガー
アリゲーターガー
Atractosteus spatula; alligator gar

ガー目ガー科の魚。全長約 3m。体は長く,菱形の硬鱗で覆われ,両顎は突き出し嘴状になっている。腸には原始的な硬骨魚類の特徴である螺旋弁を痕跡的に残す。は単一であるが不完全に左右 2室に分かれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アリゲーターガー

北米原産の肉食魚でワニのような長い口と鋭い歯が特徴。成魚は体長1~3メートル、体重は50~100キロにもなる。国内では琵琶湖(滋賀県)や多摩川(東京都、神奈川県)など各地で見つかっている。いずれも飼育されていたものが放流されたとみられている。在来種を大量に捕食し、生態系に被害を及ぼす可能性があるとして、環境省は2018年に特定外来生物に指定する方針。無許可での輸入や飼育などが原則禁止される。

(2016-09-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アリゲーター‐ガー(alligator gar)

ガーパイク科の大型淡水魚。成長すると全長2メートルを超えるものもある。吻(ふん)が細長く、歯が鋭い。主に米国南東部に生息。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリゲーターガー
ありげーたーがー
alligator gar
[学]Lepisosteus spatula

硬骨魚綱鱗骨(りんこつ)目に属する原始的な熱帯性の淡水魚。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリゲーターガーの関連キーワードロリスガーパイクレガーズ河魚水生陸生藪犬アレンの法則(生物学)ベルクマンの法則ヒヒ(狒々)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリゲーターガーの関連情報