アリューシャン海流(読み)アリューシャンかいりゅう(英語表記)Aleutian Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリューシャン海流
アリューシャンかいりゅう
Aleutian Current

北太平洋のアリューシャン列島の南,列島と亜寒帯海流との間を西流する幅狭い海流で,アラスカ海流の一分派。亜寒帯海流の別称としてアリューシャン海流の名を用いることがあるが,区別するのが適当。西流したこの海流は,主としてコマンドル諸島東方の水道からベーリング海に流入する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海の事典の解説

アリューシャン海流

アリューシャン列島沿いにその南側を西に流れる海流。アラスカン・ストリームとも呼ばれる。アラスカ湾北岸沿いに西流するアラスカ海流に元を発する。亜寒 帯循環を構成する海流の流速は数cm/sと一般に弱いが、アリューシャン海流の部分の流速は十数cm/sに達する。この海流で運ばれた水のほぼ半分はアム チトカ海峡を通ってベーリング海にはいるが、残りはアッツ島の西まで西進してから北上して、西部亜寒帯循環の水と共にベーリング海にはいる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android