コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯海流 あかんたいかいりゅう Subarctic Current

2件 の用語解説(亜寒帯海流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜寒帯海流
あかんたいかいりゅう
Subarctic Current

亜北極海流ともいう。北太平洋海流の北,北緯 42゜~50゜をアリューシャン列島に沿い東流する海流。アリューシャン海流と呼ぶこともあるが,アリューシャン海流の名称を別の流れにあてる場合もあるので注意を要する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典の解説

亜寒帯海流

太平洋の北緯42-50度を東流する広く弱い海流。亜寒帯循環の南縁部を形づくり、北海道ないしは三陸沖で反転し北東に向かう親潮に端を発する。流れと しては亜熱帯循環の北縁をなす北太平洋海流と連続しているが、亜寒帯前線の北側に位置し、北太平洋海流に比べて順圧的で、流れの厚さは非常に大きい。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜寒帯海流の関連キーワード北太平洋漁業国際委員会北太平洋高気圧七つの海東オーストラリア海流パシフィック中央水北太平洋実験北太平洋中央水北太平洋のおっとせいの保存に関する暫定条約北太平洋の公海漁業に関する国際条約

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone