コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・パシャ Ali Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・パシャ【Ali Paşa】

1744ころ‐1822
19世紀初めにオスマン帝国支配下の北部ギリシアと南部アルバニアに半ば独立の侯国を築き上げた豪族。祖先は西アナトリアのキュタヒア出身のメウレウィー教団の修道者(デルウィーシュ)といわれる。祖父の代から現アルバニアのテペレナを足場に勃興し,彼の代にいたって,現在はギリシアに属するイオアニナを中心に,アドリア海沿岸からテッサロニキにいたるバルカン南西部を支配下におさめ,当時この地方に関心を寄せていたフランスと外交関係を結んでオスマン帝国のスルタンを牽制した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアリー・パシャの言及

【イオアニナ】より

…町の名は11世紀に創設されたバプテスマのヨハネの名を冠した修道院に由来する。18世紀後半,オスマン帝国の地方官でありながら,たびたび本国に反抗してこの地方を独立国のごとく支配した英傑アリー・パシャの本拠地として栄えた。湖に突出した岬の上にかつての城砦がある。…

【マケドニア】より

…正式名称=マケドニア共和国Republika Makedonija∥Republic of Macedonia面積=2万5713km2人口(1994)=193万7000人首都=スコピエSkopje(日本との時差=-8時間)主要言語=マケドニア語,アルバニア語,トルコ語など通貨=デナルDenar旧ユーゴスラビアを構成した一共和国で,1991年11月に独立を宣言した。バルカン半島の中南部に位置し,周囲を山に囲まれた盆地の内陸国である。…

※「アリー・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリー・パシャの関連キーワードギリシア史[近代]フルシト・パシャカライスカキスレシト・パシャアリー・パシャチャンダルル家アルバニア史コレッティスジヤ・パシャヨアニナビララス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android