コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルウィーシュ derwīsh

世界大百科事典 第2版の解説

デルウィーシュ【derwīsh】

イスラム神秘主義の教団(タリーカ)に属する修道者。ダルウィーシュdarwīshともいう。この語の語源はペルシア語であるとされているが,その当否は不明である。彼らはファキールと呼ばれることもあり,またスーフィーとも同義といえる。神秘主義教団は12世紀ころからイスラム世界の各地に創設され始めた。これらの教団は,それぞれ著名な神秘主義思想家により創設され,創設当初の習慣・儀礼が今日まで連綿と伝えられているものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデルウィーシュの言及

【オスマン帝国】より


【前期】

[版図の拡大]
 1071年のマラーズギルドの戦(ビザンティン帝国とセルジューク朝トルコ)の勝利を契機としてアナトリアへ侵入したトルコ族のうち,オスマンと名のる人物を中心とした勢力がビザンティン国境近くのソユットSöğütに建国した(1299)。この勢力は,中央アジア,イランから移住したトルコ系遊牧民(トルクメン)を人的資源とし,ガージー,アヒー(宗教を媒介とした組織のリーダー),デルウィーシュ(神秘主義教団の修道者),および一部のビザンティン辺境領主(アクリタイ)の協力を得て,国境を拡大し,1326年にブルサを征服して首都とし,さらにニカエア(トルコ名イズニク,1331),ニコメディア(トルコ名イズミト,1337)を攻略して,54年にバルカンへ進出した。61年ころ,アドリアノープル(トルコ名エディルネ)を征服して,ここへ首都を移した。…

※「デルウィーシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デルウィーシュの関連キーワードアシュク・パシャ・ザーデイスラム神秘主義アリー・パシャバーンベーリルーミー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android