コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオアニナ Ioannina/Ιωάννινα

デジタル大辞泉の解説

イオアニナ(Ioannina/Ιωάννινα)

ギリシャ北西部、イピロス地方の都市。イオアニナ湖西岸に位置する。6世紀のユスティニアヌス1世により創建。続いてノルマン人、ビザンチン帝国オスマン帝国の支配下に置かれた。18世紀後半から19世紀にかけて、アルバニア出身のオスマン帝国の総督アリ=パシャの権勢の下、国際的商業都市として発展した。市街にはイスラム寺院やアリ=パシャが築いた要塞があるほか、近郊にペラマ洞窟ドドニ遺跡などがある。銀細工、フェタチーズが有名。ヨアニナヤニナ

ヨアニナ(Yannina/Ιωάννινα)

イオアニナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イオアニナの関連キーワードヴァルラーム修道院S. フラシャリフルシト・パシャバルラーム修道院ユスティニアヌスアリー・パシャカライスカキスパンボティス湖アリー・パシャコレッティスフラシャリヨアニーナビララスエピルスプレベザ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android