コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チフトリキ チフトリキ Çiftlik

2件 の用語解説(チフトリキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チフトリキ
チフトリキ
Çiftlik

本来は2頭のウシを使用して耕す土地,すなわち耕作地を意味する。オスマン帝国において,特に 17世紀以後地主層が経営する大規模な農場をさす場合が多い。これらの農場では,封建的な地主・小作人関係のもとに市場向けの穀物 (コムギ) ,園芸作物 (綿花,トウモロコシなど) が生産された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チフトリキ【çiftlik】

オスマン帝国支配下のアナトリアバルカンにおいて,18世紀以後に現れた〈私的大土地所有〉。チフトリキの語は,ペルシア語で〈対〉を意味する言葉ジョフトjoftに由来するトルコ語で,〈耕作地〉を意味し,元来は15~16世紀を中心としたティマール制下における小農民的保有地(約6~15ha)を指していた。16世紀末以後,ティマール制がしだいに変質・解体すると,小農民的土地保有関係が崩れはじめ,徴税請負(イルティザーム),高利貸付,官職利用,開拓・干拓などの手段によって土地を獲得する者が現れ,18世紀に入るとチフトリキの名でよばれる〈私的大土地所有〉が,とりわけ河川流域の平野部や商業交易に至便な地域において,広範に成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のチフトリキの言及

【村】より

…オスマン帝国のヤヤyaya歩兵軍団やスーフィーの長を中心にむらづくりが行われたトルコでは,ティマール制の下で小農民的土地保有を核とするむらが各地に成立した。しかし18世紀になると,チフトリキを基礎とする大土地所有制が一般化し,小農民による土地保有は漸次消滅した。地方有力者(アーヤーン)は管理人(ケトヒュダーkethüdā)を用いてチフトリキを経営したが,その内容は綿花,タバコ,トウモロコシなどの商品作物を中心とするものであった。…

※「チフトリキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チフトリキの関連キーワードトルコ帽オスマン帝国ギリシャ独立戦争オスマン語メフメットバヤジト[1世]バルカン問題アリー・パシャイルティザームハイドゥク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone