アルコール自動車(読み)アルコールじどうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アルコール自動車」の解説

アルコール自動車
アルコールじどうしゃ

アルコール燃料とした自動車。石油危機の際,石油に依存しない自動車として注目を集めた。エタノールメタノールともに利用することができる。燃料として,ガソリンに一定の割合のアルコールを混入したガソホールサトウキビから精製したエタノールが普及している。天然ガスから得られる化学原料としてのメタノールも自動車用に利用できる。排出ガスによる汚染が小さいことが長所である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報