コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコール自動車 アルコールじどうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルコール自動車
アルコールじどうしゃ

アルコールを燃料とした自動車。石油危機の際,石油に依存しない自動車として注目を集めた。エタノールメタノールともに利用することができる。燃料として,ガソリンに一定の割合のアルコールを混入したガソホールやサトウキビから精製したエタノールが普及している。天然ガスから得られる化学原料としてのメタノールも自動車用に利用できる。排出ガスによる汚染が小さいことが長所である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android