コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジェの戦い

デジタル大辞泉プラスの解説

アルジェの戦い

1966年製作のイタリア・アルジェリア合作映画。原題《La battaglia di Algeri》。アルジェリア独立戦争をドキュメンタリー・タッチで描く。監督:ジッロ・ポンテコルボ。第27回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルジェの戦い
あるじぇのたたかい
La battaglia di Algeri

イタリアとアルジェリアの合作映画。1966年作品。監督ジッロ・ポンテコルボGillo Pontecorvo(1919―2006)。フランスの植民地であったアルジェリアの独立戦争の軌跡を追う。1954年のアルジェリア民族解放戦線(FLN)の武装蜂起以後、市内で繰り広げられるFLNのゲリラとフランス軍の武力闘争、1957年のカスバにおける大規模な掃討作戦、根絶されたかにみえた解放運動が1960年に突然の民衆蜂起(ほうき)で再燃するまでを、手持ちカメラや望遠レンズを多用した、緊迫感のあるドキュメンタリータッチで描く。全体として反植民地主義の立場からFLN側に寄り添う視点で描かれているが、ゲリラの無差別テロの犠牲になるフランス人の一般市民や、ゲリラを弾圧するフランス軍中佐にまなざしを注ぎ、被害者と加害者が交代しうる暴力の循環性にも焦点をあてている。ベネチア国際映画祭ではフランス側の上映中止要請もあったが、金獅子賞を受賞した。[伊津野知多]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルジェの戦いの関連キーワードイタリア映画モリコーネ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android