コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西条 さいじょう

11件 の用語解説(西条の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西条
さいじょう

広島県南部,東広島市の中心市街地。旧町名。 1974年周辺3町と合体して東広島市となる。古くは安芸国の国府がおかれ,江戸時代山陽道の宿場町,市場町として栄えた。広島県の酒造業の中心地として知られ,工場や住宅の進出も著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいじょう〔サイデウ〕【西条】

愛媛県東部の商工業都市。もと一柳氏、次いで松平氏の城下町。繊維・電子工業が盛ん。平成16年(2004)11月、東予市、小松町、丹原町と合併。人口11.2万(2010)。
広島県東広島市の中心地区。史跡に指定されている安芸(あき)国分寺塔跡がある。明治以降は酒造業が盛ん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

西条【さいじょう】

広島県南部,賀茂郡の旧町。西条盆地の大部分と周辺丘陵地を占める。古代は吉行(よしゆき)に国分寺が置かれ,安芸(あき)の文化の中心となり,近世は山陽道の宿駅であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さいじょう【西条】

広島県中部、東広島市の中心地区。酒造業が発達。
愛媛県北東部、燧灘ひうちなだに面する市。旧城下町。製紙・化学・繊維工業などが発達する。

さいじょう【西条】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕西条(さいじょう)


広島県東広島市の中心地区。
山陽自動車道インターチェンジがあり、JR山陽新幹線山陽本線が通じる。現在の地名冠称としては、西条町・西条の両方が残る。古代、安芸(あき)国分寺などがおかれた地。近世は山陽道の宿場町、明治期は郡の中心として発展。江戸時代からの酒造業は明治期から活発化、現在も県内生産の約4割を生産。酒蔵の続く町並みは観光名所にもなっている。

〔広島県〕西条(さいじょう)


広島県東広島(ひがしひろしま)市の中心地区。西条町が、1974年(昭和49)近隣3町と合併、東広島市となる。古代、安芸(あき)国分寺などがおかれた地。近世は山陽道の宿場町、明治期は郡の中心として発展。江戸時代からの酒造業は明治期から活発化、現在も県内生産の約4割を生産。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西条
さいじょう

広島県中央部、西条盆地にある東広島市の中心地区。旧西条町。古代には国府、国分寺(国の史跡)が置かれ、安芸(あき)国の中心であった。近世は山陽道の四日市宿で、本陣、脇(わき)本陣が設置され、明治以降は郡の中心として郡役所が置かれた。JR山陽本線、山陽新幹線、国道2号、375号、486号が通じ、山陽自動車道西条インターチェンジが設置され、交通の要衝となっている。酒造りは江戸時代に始まるが、盛んになったのは明治以降で、気候、良質の米や水に加えて鉄道の敷設により販路が広がり、県内一の酒造地となった。現在も県内生産の約40%を占める。広島大学の医、歯学部を除く学部の統合移転が1995年(平成7)に完了、県立農業短期大学、エリザベト音楽大学西条学舎もある。[北川建次]
『『西条町誌』(1971・西条町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の西条の言及

【本城[村]】より

…村域のほとんどが筑摩山地に属する山地・丘陵地からなり,麻績(おみ)川支流の東条川が北西流する。中心集落の西条(にしじよう)は,近世,北国西脇往還(善光寺道)の間宿(あいのしゆく)的性格をもっていた。高冷地ではハクサイなどの高原野菜が栽培され,花卉やエノキダケも生産される。…

※「西条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西条の関連情報