コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルチメーター alti meter

1件 の用語解説(アルチメーターの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

アルチメーター

高度計のこと。最近ではバリオメーターと兼用のアルチ・バリオメーターが殆どで、単体のアルチメーターを探すのが難しい。 高さによる気圧の違いを検知して高度を表示している。使ってみれば判るが1mの高度差も検知している事には驚かされる。 もともとが気圧計であるから、その日の天気により表示が異なるのでフライト前に補正する事が大切。また、その日の天候が変化していけば気圧も変り表示も変わる。空気密度から、寒い日は実高度より低い表示になり、暑い日はその逆となると言われている。しかし、最近のものは温度補正されており、一昔前の様にシビアーに考える必要はない。いずれにしても気圧の変化を高度表示しているのであって、絶対値ではない事を考慮する必要がある。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルチメーターの関連キーワード気圧バリオヘリオメーターポテンシオメーターポリメーターメータービデオメーターバリオメーター

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone