高度計(読み)こうどけい(英語表記)altimeter

翻訳|altimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度計
こうどけい
altimeter

海抜高度をはかる計器。最も普通なのは高度に対する気圧変化を利用し,気圧計を高度計に使う方法で,薄い金属板でつくった真空盒 (くうごう) の気圧変化による変形を拡大指示するアネロイド気圧計が多く用いられる。指示目盛りは直接高度を目盛ってあり,簡便である。気温の影響は補正できるが,精度はよくない。電波高度計は一種のレーダで,発信電波の反射時間または反射波の位相のずれから高度を知る。精度がよくもっぱら航空機に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高度計【こうどけい】

気圧高度計はアネロイド気圧計と同じ原理のもので,気圧の代りに標準大気圧と比較算定した海抜高度が目盛ってある。航空機では発着時に飛行機の大気圧に合わせて目盛を修正すればその飛行場からの高度を知り得る。電波高度計は絶対高度計ともいわれ,航空機から極超短波を垂直下方に発信,地面からの反射波が返ってくるまでの時間から高度を算定する。飛行中に対地高度差を刻々と知ることができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうどけい【高度計 altimeter】

地表面または海水面からの高度を測る計測器で,おもに航空機で使用される。気圧高度計と電波高度計に大別される。気圧高度計は高度が高くなるにしたがい気圧が減少する関係を用いて,検知した気圧から算出される高度(気圧高度)を表示する。気圧と高度の関係は,一般に標準大気と呼ぶ仮想の大気を仮定して求めるが,実際には測定場所や時間により気圧が変動するなど標準大気状態にないため,指示高度に誤差を生じる。このため気圧高度計では上記の誤差を容易に補正できるようにしてある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうどけい【高度計】

飛行機などで、高度を測定し指示する計器。気圧の変化で測定する気圧高度計と、電波を発射して地表面からの反射時間を測り絶対高度を測定する電波高度計に大別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高度計
こうどけい

地表面あるいは海面からの高度を測る計器。気圧高度計は高さとともに気圧が減少することを利用したもので、携帯に便利なアネロイド気圧計に高度の目盛りをつけてある。明治の初年に富士山頂の高さを測った際にも、気圧計が使われた。気圧の違いは高さばかりでなく、気温にもよる。気圧高度計の目盛りは、標準大気とよぶ気温分布にあわせてあるが、実際の気温と異なるにつれて誤差を生じる。飛行機に取り付けた気圧高度計は、地上気圧を補正しても、気温が低いほど実際よりも低い高度を示す。鉛直下方に向けて発射した電波が、反射して戻る時間で高度を求める電波高度計は、このような誤差がない。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうど‐けい カウド‥【高度計】

〘名〙 飛行中の航空機の高度や、登山などでの現在地点の標高を測定する計器。気圧高度計と絶対高度を指示する電波高度計とに大別される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高度計の言及

【航空計器】より

…地上の交通機関で用いられる計器に比べ,高い精度をもっていること,小型,軽量であること,温度,圧力などの環境の変化に対する耐久性に優れていること,応答が速いこと,表示の読取りが容易であることなどが強く要求される。
[歴史]
 初期の飛行機では,飛行・航法計器としてせいぜい時計,高度計,速度計,磁気コンパスくらいを装備しているにすぎなかった。しかも高度計も気圧計の読みを標準大気に従って換算した気圧高度を示すもので,現在のような補正を行う機能はもっておらず,地上の気圧が標準気圧と異なる場合や,実際の大気が標準大気のとおりの高度変化をしない場合は誤差を生ずる。…

※「高度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高度計の関連情報