コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルドヘルム アルドヘルム Aldhelm

2件 の用語解説(アルドヘルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルドヘルム
アルドヘルム
Aldhelm

[生]639頃
[没]709
イギリスの聖職者,詩人。マームズベリーの修道院長 (675~709) ,シャボーンの初代司教。カンタベリーで学び,イギリス最初のラテン詩人といわれる。『処女賛美』 De Laudibus Virginitatisが代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルドヘルム【Aldhelm】

640?‐709
イギリス,アングロ・サクソン人キリスト教聖職者,神学者。カンタベリーのローマ派の教会で教育を受け,後に,シャーボーン管区初代の司教となった。ローマの古典学問に通じ,ラテン語による著述が多い。ベーダアルクインと並ぶ,アングロ・サクソン時代の代表的なラテン散文家で,聖母マリアに対する崇敬の心があつく,《処女性の賛美》を書いた。詩人としても名高いが,その古英語による詩作品は今日残存していない。【安東 伸介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルドヘルムの言及

【キリスト教文学】より

… これにつづく数世紀は,いわゆる中世の暗黒にようやく平和と文運の曙光がきざした時代で,ことにイギリス,フランスを中心に教学の復興が企てられ,カール大帝の即位した800年は,カトリック文学にとっても記念すべき年であった。まず7世紀にイギリスでは,《教会史》ほか多くの著作をもつベーダと,シャーボーンの司教でギリシア語とラテン語をよくし,長詩《聖処女賛頌》などを書いたアルドヘルムが相対して出た。後者の高弟がカール大帝の文教政策に参じたアルクインである。…

【ラテン文学】より

…しかし大陸の混乱の影響を受けなかったアイルランドの修道士たちの間で古典の研究と保存の伝統が持続され,7世紀初頭,彼らは大陸に進出して,スイスのザンクト・ガレンと北イタリアのボッビオに修道院を設立,ここが時代を通じて写本作りと研究の中心地になった。イングランドにも7世紀後半に,古典研究を聖書研究に不可欠とするヒエロニムス以来の考えを継承するアルドヘルムとベーダが登場し,その後継者ボニファティウスは大陸に渡って,フランク王国の教会改革に乗り出した。 8世紀中葉にカロリング朝が起こると,カール大帝の下でカロリング・ルネサンスが始まる。…

※「アルドヘルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルドヘルムの関連キーワードグラストンベリーサクソン人アングロサクソンウェセックスサクソンアウグスティヌス[カンタベリーの]アングロ・サクソン語アングロ・サクソン人イネ法典キネウルフ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone