アルバータ油・ガス田群(読み)アルバータゆガスでんぐん(英語表記)Alberta

世界大百科事典 第2版の解説

アルバータゆガスでんぐん【アルバータ油・ガス田群 Alberta】

カナダ西部のアルバータ州は,同国最大の産油ガス地帯である。アルバータの炭化水素鉱床は二つのグループに大別される。一つはロッキー山脈の東麓沿いの複雑な構造に分布するもの,もう一つは内部平原の緩い構造に分布するものである。山麓部には多数のガス田が発見されているが,いずれも衝上断層を含む断層ブロックにトラップされている。代表的ガス田としてはターナー・バレー,ピンチャー・クリークなどがある。平原部においては古生代の礁状石灰岩油層と中生代の砂岩ガス層とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android