アルバート ヒース(英語表記)Albert Heath

20世紀西洋人名事典の解説


1935.5.31 -
ジャズ演奏家。
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
別名Albert(Al Tootie) Heath。
ジミー・パーシー兄弟の末弟。1957年NYでジョン・コルトレーンと初レコーディングをする。’58年J.J.ジョンソン6と楽旅し、後にジャズテットや秋吉敏子などのコンボで活躍。’61年シダー・ウォルトン・トリオに参加し、ボビー・ティモンズらと共演。’64年ジョージ・ラッセル6に加わり、渡欧、5年間行動を共にする。’67年コペンハーゲンでケニー・ドリューと共演し、帰国後ハービー・ハンコック6、ソニー・ロリンズと共演。’74年スウェーデンに移り、’75年ヒース・ブラザーズを結成

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android