コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバートドック アルバートドックAlbert Dock

デジタル大辞泉の解説

アルバート‐ドック(Albert Dock)

英国イングランド北西部の港湾都市リバプールにあるドック(船渠)の一。1846年に開設。世界初の耐火性倉庫を有し、水圧を利用した貨物用昇降機が設置された。1920年代以降は物流の主役を陸運にゆずり、倉庫としてのみ使われた。1980年代に再開発が進められ、現代美術館テートリバプールマージーサイド海事博物館、博物館ビートルズストーリーなどが集まる観光スポットになった。海港としての歴史を伝える他の地域とともに、2004年に「リバプール海商都市」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルバートドック【アルバートドック】
Albert Dock

イギリスのイングランド北西部の港湾都市リバプール(Liverpool)にある、ピアヘッド埠頭に隣接したウォーターフロント地区。1846年に建設された船荷を収容する倉庫街を再開発し、ショッピングモール、カフェバー、レストランなどの飲食街、マージーサイド海事博物館、リバプール生活博物館、テートリバプール美術館、ビートルズストーリー、プレミアロッジなどが集まった複合エリアになっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルバートドックの関連情報