コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバートドック アルバートドック Albert Dock

2件 の用語解説(アルバートドックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルバート‐ドック(Albert Dock)

英国イングランド北西部の港湾都市リバプールにあるドック(船渠)の一。1846年に開設。世界初の耐火性倉庫を有し、水圧を利用した貨物用昇降機が設置された。1920年代以降は物流の主役を陸運にゆずり、倉庫としてのみ使われた。1980年代に再開発が進められ、現代美術館テートリバプールマージーサイド海事博物館、博物館ビートルズストーリーなどが集まる観光スポットになった。海港としての歴史を伝える他の地域とともに、2004年に「リバプール海商都市」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルバートドック【アルバートドック】
Albert Dock

イギリスのイングランド北西部の港湾都市リバプール(Liverpool)にある、ピアヘッド埠頭に隣接したウォーターフロント地区。1846年に建設された船荷を収容する倉庫街を再開発し、ショッピングモール、カフェバー、レストランなどの飲食街、マージーサイド海事博物館、リバプール生活博物館、テートリバプール美術館、ビートルズストーリー、プレミアロッジなどが集まった複合エリアになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルバートドックの関連キーワードセントジョンニューカッスルリバプールウィンダミアザ・ローズピアヘッドボウネスリバプール大聖堂テートリバプールビートルズストーリー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルバートドックの関連情報