アルパ(英語表記)〈イタリア〉・〈スペイン〉arpa

百科事典マイペディアの解説

アルパ

ラテン・アメリカ各地で用いられるハープ。起源は16―17世紀スペインのハープ。今日でもその特色を保って,ペダル装置などはもたない。おおむね木製で持ち運びできる程度の大きさ。土地により20数本〜30数本の弦(ガット,金属,ナイロン)。独奏,歌や他の楽器の伴奏に使う。パラグアイのものが有名。ベネズエラペルーメキシコなどでもよく使う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアルパの言及

【ハープ】より

… ヨーロッパ以外のハープの中で,とくに知られているものには,〈ビルマの竪琴〉とも呼ばれるサウンがある。その他,ラテン・アメリカ諸国には,16世紀ころにスペイン人によって移入されたアルパarpaが,民俗楽器として広く普及している。また,アフリカには多種のハープが存在するが,数本の棒におのおの弦を張ったプリュリアークpluriarcは特異なものである(図3)。…

※「アルパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android