コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルパ 〈イタリア〉・〈スペイン〉arpa

百科事典マイペディアの解説

アルパ

ラテン・アメリカ各地で用いられるハープ。起源は16―17世紀スペインのハープ。今日でもその特色を保って,ペダル装置などはもたない。おおむね木製で持ち運びできる程度の大きさ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアルパの言及

【ハープ】より

… ヨーロッパ以外のハープの中で,とくに知られているものには,〈ビルマの竪琴〉とも呼ばれるサウンがある。その他,ラテン・アメリカ諸国には,16世紀ころにスペイン人によって移入されたアルパarpaが,民俗楽器として広く普及している。また,アフリカには多種のハープが存在するが,数本の棒におのおの弦を張ったプリュリアークpluriarcは特異なものである(図3)。…

※「アルパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルパの関連キーワードマックス・E.L. マロワンダチョウ王国石岡ファームフィリップ パンヌトン北海道富良野市北の峰町滋賀県甲賀市甲南町森尻レズリ スティーブン宮城県黒川郡大郷町大阪府豊中市玉井町父さんのポンチョアルパカ(繊維)山古志のアルパカアルパカ(動物)ラテンアメリカARPANETアルペッジョアルパマヨ山エアスクエアトロムエルト長谷川 恒男チンチェーロ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android