コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルタッツィ Albertazzi, Adolfo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベルタッツィ
Albertazzi, Adolfo

[生]1865.9.8. ボローニャ
[没]1924.5.10. ボローニャ
イタリアの小説家。主著『アーベ』L'Ave (1896) ,『ユーモア小説集』 Novelle umoristiche (1900) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルベルタッツィ【Giorgio Albertazzi】

1925‐
イタリアの俳優,演出家。1956年女優アンナ・プロクレメールと一座を結成,イプセン,ダヌンツィオ,サルトル,カミュなどの作品を上演し知識階級の人気を博す。61年アラン・レネ監督の映画《去年マリエンバードで》に主演。63年パリ諸国民演劇祭上演の《ハムレット》(F.ゼッフィレッリ演出)で国際的評価を得る。他にドストエフスキーの作品を多く脚色演出している。【溝口 廸夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルベルタッツィの関連キーワードフォーレアメリカ合衆国史(年表)リンカーンカピタンクーランコーツスターリング武田幾ファン=デン=ブルークフローレンツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android