コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝口 みぞくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝口
みぞくち

鳥取県西部,伯耆町南部の旧町域。日野川中流域,大山西麓にある。 1931年町制。 1954年二部村,日光村の一部と合体。 1984年溝口 (みぞぐち) から現呼称に変更。 2005年岸本町と合体して伯耆町となった。中心集落の溝口は江戸時代出雲街道宿場町。農牧業を主とし,米作,果樹栽培のほか大山西斜面では草原改良による集団放牧で和牛,乳牛を飼育。付近に弥生時代の遺物が出土し,古墳も多い。一部は大山隠岐国立公園に属する。

溝口
みぞのくち

神奈川県北東部,川崎市高津区の中心地区。多摩川右岸の沖積地にある。近世矢倉沢往還の宿場町。 1927年東京急行電鉄田園都市線が東京から延びたため沿線が宅地化し,現在は溝の口駅を中心に商業・住宅・文教地区をもつ川崎市の副都心に成長。 JR南武線沿いに工場も進出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みぞぐち【溝口】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

溝口の関連キーワード食肉の帝王/巨富をつかんだ男 浅田満兵庫県姫路市香寺町溝口赤い夕日に照らされて乃木将軍と熊さんしかも彼等は行く敗残の唄は悲し溝口(鳥取県)天気予報の恋人白百合は歎くふるさとの歌マリヤのお雪人間 前後篇さみだれ草紙この世の果て七面鳥の行衛名刀美女丸恋を断つ斧雪夫人絵図愛に甦る日東京行進曲

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溝口の関連情報