アレキーパ市歴史地区(読み)アレキーパしれきしちく

世界遺産詳解の解説

アレキーパしれきしちく【アレキーパ市歴史地区】

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ペルー南部の同国第2の都市で、羊毛集散地のアレキーパに位置する。町の建物が、近郊で採れる白い火山岩で造られていることから、「白い町(シウダー・ブランカ)」とも呼ばれる。2001年にマグニチュード8.1の大地震が起きた際には、大聖堂などに大きな被害が出た。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はHistorical Centre of the City of Arequipa。アレキーパの名は、この町を建設したインカ帝国第4代皇帝のマイタ・カパックが言ったという「ここへ住みなさい」という意味のケチュア語に由来する。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android