アレクサンデル・ハレシウス(英語表記)Alexander Halesius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル・ハレシウス
Alexander Halesius

[生]1170/1185
[没]1245.8.21. パリ
イギリス出身のフランスのスコラ学者,フランシスコ会修道士。パリ大学で神学を講じ,Doctor irrefragabilis (反駁しがたい博士) と称された。フランシスコ会学派創始者の一人。主著『神学大全』は,アウグスチヌス学派と新しく紹介されたアリストテレスの学説との融合を試みたもので,彼の方法はスコラ学的方法を確立したトマス・アクィナスに継承された。ボナベントゥラは彼の弟子。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android