アレクサンデル・ハレンシス(英語表記)Alexander Halensis

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンデル・ハレンシス【Alexander Halensis】

1185ころ‐1245
イギリス出身のフランシスコ会神学者。パリ大学で学び,はじめ人文学部の教授となったが,後に神学部の教授となり,慣例を破って講義のテキストとして聖書の代りにペトルス・ロンバルドゥスの《命題論集》を用い,思弁的なスコラ神学の先駆者となった。主著神学大全》はアリストテレス哲学の全面的な導入以前のフランシスコ学派神学の代表的著作である。【稲垣 良典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android