コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル物語 アレクサンドルものがたりRoman d'Alexandre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドル物語
アレクサンドルものがたり
Roman d'Alexandre

マケドニアの王アレクサンドロスの生涯と事跡を描いたロマンスシャルルマーニュ伝説アーサー王伝説と並ぶ,ヨーロッパ中世の有名な伝奇物語群。大王の遠征に従軍したと伝えられるカリステネスの名を冠したギリシア語史書を原典とし,その多種のラテン語翻案に依拠し,フランスを中心とする西ヨーロッパ各国に広く流布した。 12世紀初頭のアベリクによる断片のあと,12世紀後半にいたって,アレクサンドル・ド・ベルネーやランベール・ル・トールによりフランス語に翻案,完成された (12音節の詩行で書かれており,アレクサンドランという名称はここからきている) 。ドイツ語によるものではランプレヒトのもの (12世紀中頃) ,ヨーロッパ以外のものではペルシアのニザーミー (12世紀) によるものが有名。武勲詩騎士道物語の中間に位置し,物語文学への道を開くものであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android