コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武勲詩 ぶくんし chansons de geste

5件 の用語解説(武勲詩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武勲詩
ぶくんし
chansons de geste

フランス中世の叙事詩群。 11世紀中頃から 12世紀中頃が最盛期。8~9世紀の史実と伝説を扱い,神の与える使命と勇者をたたえ,貴族,騎士の理想を説く英雄的な物語。約 80編が現存し,平均 9000行の長さで,城館や町の広場で単純なメロディーに合せてジョングルールが朗誦する形式をとったと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶくん‐し【武勲詩】

《〈フランスchanson de geste》中世フランスで作られた英雄叙事詩。「ローランの歌」などカール大帝と封建諸侯の武勲に取材したものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武勲詩【ぶくんし】

シャンソン・ド・ジェストchanson de gesteの訳。行為を意味するgesta(ラテン語)に由来。一人の英雄の武勲を歌った,中世の叙事詩群をさす。ことに10世紀以後フランスで発達。
→関連項目英雄叙事詩騎士吟遊詩人ジョングルールロマンセ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶくんし【武勲詩 chanson de geste】

11世紀より14世紀にかけてフランスで行われた口誦の長編英雄叙事詩群で,職業的吟遊楽人(ジョングルール)により弦楽器の伴奏を伴い比較的単調な旋律で朗唱されたと推定される。現存詩編は約80編。大部分の詩は主題をカロリング朝時代(8~10世紀)に設定し,史実や歴史上の人物を中心に据えて功名,忠節,戦友愛などの戦士的世界を歌う。ジャンルとして成立したのは11世紀中葉の北フランスであろう。現存の詩編はすべて11世紀末以後のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武勲詩
ぶくんし
chanson de geste

シャンソン・ド・ジェスト。フランス国王や封建諸侯の武勲を歌った長編叙事詩(11~15世紀)で、『ロランの歌』に代表される。最盛期は1150年から約100年間。現存作品は80余りだが大部分は匿名で、10音綴母音押韻(おんてつぼいんおういん)をはじめいくつかの詩型があり、14、15世紀には散文化も行われた。
 武勲詩は、キリスト教圏とイスラム教圏との闘争や西洋統一の夢を歌い、フランスの栄光をたたえた「シャルル大帝の武勲」Cycle de Charlemagne、優柔不断な国王に対する封建諸侯の立場を弁護した「ギヨームの武勲」Cycle de Guillaume、反逆を主題とした「ドーン・ド・マイヤンスの武勲」Cycle de Doon de Mayenceの三大作品群に分けられる。武勲詩は本来、聖者伝に代表される聖職者文明から騎士文明への移行を背景としており、手回し琴(ビエル)を弾きながら大衆の前で語られたものだが、叙事詩的なテーマ、モチーフや決まり文句にみられるように、作成にあたって専門的な語り手であるジョングルールjongleurが果たした役割は大きい。その内容は十字軍思想を背景とするイスラム教徒への対抗意識や、主人公の武勇、思慮分別、忠誠心、犠牲的行為、一族の連帯感をたたえたものだが、主人公の美徳は優れた補佐役や卑怯(ひきょう)者、裏切り者の存在により引き立たせられている場合が多い。起源に関しては二説あり、一つは、武勲詩がゲルマン精神の発露であり、史実に直接関係のあった民衆の間に自然発生したものが改作されながら伝えられたと説く「伝承説」、他の一つは、史実と作品内容の相違に注目し、作成当時のフランス封建社会の時代的要求にこたえたものと考えて、詩人の想像力や芸術的才能を重視する「個人作者説」に大別されるが、いまだ最終的結論には達していない。[鷲田哲夫]
『佐藤輝夫著『ローランの歌と平家物語』上下(1973・筑摩書房) ▽『筑摩世界文学大系10 中世文学集』(1974・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武勲詩の言及

【フランス文学】より

…かつて支配的な言語であったラテン語は,少なくとも民間の口頭言語としてはしだいに変質を重ね,いわゆるロマンス語の過程を経たあと,いまや9世紀前半に至って,ロマンス語からさらにフランス語が分化し始めたのである。
[武勲詩の誕生]
 しかしフランス語が形成され始めるのと並んで,フランス語による文学作品がただちに開花したわけではない。ラテン語は依然として公用語,教会語であるとともに,文学表現の道具として生命を保ちつづける。…

【ローランの歌】より

…中世フランスの最古の武勲詩。11世紀半ばより口誦詩として発展,世紀末に現在の姿(オックスフォード本)となる。…

※「武勲詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武勲詩の関連キーワードガリカニズムステファヌスランブイエエニス修道院ジローナ聖ステファン教会タラント大聖堂ルールマランベッラパイス修道院Полацк

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone