アレクサンドール ポポフ(英語表記)Aleksandr Stepanovich Popov

20世紀西洋人名事典の解説

アレクサンドール ポポフ
Aleksandr Stepanovich Popov


1859.3.16.(3.4.説あり) - 1905.1.13.(12.31.説あり)
ソ連(ロシア)の物理学者,工学者。
元・ペテルブルグ大学教授,元・ペテルブルク大学電気技術学研究所長。
ピェルム(ウラル地方)生まれ。
1895年ペテルブルグで開かれたロシア物理化学会でH.R.ヘルツの発振器コヒーラーを用いて、世界初の無線電信実験について報告。1896年1月「電気振動の受信と記録の装置」を公表。1897年クロンシュタットに無線局を設置。1899年45マイルの通信に成功し、ロシア海軍の無線装備に採用され、軍艦アプラクシン号の座礁を救う。しかし、イタリアのマルコーニに無線の商業化の先を越され、彼ほど評価が得られず1901年ペテルブルグ大学教授に戻る。’05年同大電気技術学研究所長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android