コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレタス Arethas

1件 の用語解説(アレタスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アレタス【Arethas】

860ころ‐932以後
ビザンティンの聖職者,古典学者。ギリシアパトライに生まれ,907年ころカッパドキアカエサレアの大主教となった。コンスタンティノープルの大主教であり,9世紀ビザンティンにおける古代ギリシア文芸復興に中心的役割を果たしたフォティオスの高弟の一人。アレタスは熱心に古代文人たちの写本を集め,異教・キリスト教の別を問わず,作品注釈を試みた。また彼は名筆家たちに古写本の筆写を委嘱し,その中にはユークリッドの数学書,アレクサンドリアクレメンスエウセビオスらのキリスト教護教論,アリステイデスの弁論集,プラトンの対話集などの,現存する最古のビザンティン小文字写本が含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレタスの関連キーワード聖職者ビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツパンティングビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレタスの関連情報