アロアダイ(読み)あろあだい(英語表記)Aladai

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロアダイ
あろあだい
Aladai

ギリシア神話の2人の巨人。英雄アロエウスの妻イフィメデイアとポセイドンの間に生まれたオトスとエフィアルテスのこと。2人はすでに9歳にして身長は17メートルにも達した。彼らは神々と戦わんとして、オリンポス山の上にオッサとペリオンの山々を重ね、天上に登ろうと試みた。エフィアルテスはヘラに、オトスはアルテミスに求愛した。さらにアレスを捕らえて青銅の壺(つぼ)に閉じ込めた。アレスは13か月後ヘルメスに救い出されたが、こうした傲慢(ごうまん)な所業は天罰を招かずにおかなかった。ゼウスが雷で彼らを撃って成敗したとも、またアルテミスが牝鹿(めじか)に変身して彼らの間を走り回り、2人を相討ちさせて殺したとも伝えられる。地獄でも彼らは柱に縛られ、蛇とフクロウに苦しめられた。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android