コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロノルマン Anglo-Norman

翻訳|Anglo-Norman

大辞林 第三版の解説

アングロノルマン【Anglo-Norman】

ウマの一品種。フランス北西部原産のウマに、サラブレッドなどを交配して作り出したウマ。肩高約1.6メートル。強健で、車を引かせ、また乗馬用にもする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングロノルマン
あんぐろのるまん
Anglo-Norman

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種。中間種に属し、フランスのノルマンディー地方の原産で、在来馬をノーフォーク速歩馬、サラブレッドなどで改良したものである。乗馬、輓馬(ばんば)、速歩馬の3型があり、わが国には乗馬と小形輓馬が数多く輸入され、軍馬の改良に著しく貢献したが、その子孫は少ない。フランスでは現在、セルフランセ(乗馬)、コッブ(輓馬)およびトロットゥールフランセ(速歩馬)の名称でよばれている。セルフランセは、筋肉質で骨は太く、体高1.6メートル程度の大格馬で、障害飛越には天性の能力がある理想的な高級乗馬であり、性質は従順である。コッブは前者より大きく、やや骨が太く筋肉質で、体形は重種に近く、駄馬としても使われる。近年肉用馬生産に用いられる。トロットゥールフランセは、アメリカスタンダードブレッドと並び称せられる優れた速歩馬で、おもにフランスを中心に約3万頭が飼育され、そのうち1万頭は速歩または繋駕(けいが)競走に使われている。ノーフォーク速歩馬のヤングラトラー号(1820年生まれ)によって著しく改良され、その子孫は全飼育頭数の3分の2を占めている。[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アングロノルマンの関連キーワードトリスタンとイゾルデリムリック城サラブレッド