コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコール遺跡 アンコールいせきAngkor

翻訳|Angkor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンコール遺跡
アンコールいせき
Angkor

カンボジアの北西部シエムレアプ州にある古代クメール王国のアンコール朝 (9世紀初頭~15世紀初頭) の遺跡群。首都プノンペンの北西約 250km,州都シエムレアプより北方 5km,トンレサップ湖の北岸に近い。遺跡群は東西約 20km,南北約 10kmにわたって散在している。ここに含まれる数十の遺跡のうちでは特にアンコール・ワットアンコール・トムが有名。アンコールサンスクリット語で「国」「都」を意味する「ナガラ」に語源を発し,のちカンボジア人はなまって「ノコール」 Nokhorと呼び,さらにそれがアンコールとなった。この地は 1432年にタイ軍の攻撃を受けて放棄され,遺跡群の存在も忘れられていたが,1860年にいたって再発見され,この国を植民地としたフランスによって本格的な保存と研究が進められた。 1992年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンコール遺跡の関連キーワードアンコールトム(バイヨン寺院)ジャヤバルマン[2世]ジャヤバルマン(2世)サンボープレイクックアンコールワット遺跡ムアンシン歴史公園アン・チュリアンバンテアイスレイアンコールトムシェムリアップ東南アジア史プノンクロムタプロームプリアコー石澤良昭タケウ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンコール遺跡の関連情報