コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコーレ族 アンコーレぞくAnkole; Nkole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンコーレ族
アンコーレぞく
Ankole; Nkole

バニャンコーレ族 Banyankoleともいう。ウガンダビクトリア湖の西,エドワード湖の東の草原地帯に住む湖間バンツー語系諸族で,人口約 140万と推定される。起源の異なる2集団,牛牧民のヒマ人と定住農耕民のイル人で構成される。両者は4世紀にわたる歴史をともにし,父系氏族制度など共通する部分も多いが,政治的,社会的には厳格に区別されていた。アンコーレは 16世紀以来,ムガベ呼ばれる神聖王を戴く強力な王国を維持してきたが,ヒマはオクトイザ (保護関係) という関係を通じて王と個人的に結びついた戦士,支配階層を形づくり,一方イルはこれらヒマに仕える従属的地位におかれていた。両階層の通婚はきびしく禁止され,伝統的な威信の象徴であった牛 (とりわけ雌牛) の所有もヒマの特権であった。しかしイギリスによる植民地支配以降,ヒマのイルに対する支配を支えていた諸価値がくずれ,農作物の市場価値の上昇とともにイルの経済的,社会的地位も向上してきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンコーレぞく【アンコーレ族 Ankore】

東アフリカ内陸のウガンダ西部,ビクトリア湖西方のアンコーレ地方に居住する部族。人口約80万。バントゥー語系のルニャンコーレ語を話す。長い角で有名なアンコーレ牛を飼養するナイロート系の長身のバヒマ(ヒマ)族と,バントゥー系の身体特徴をそなえる農耕民のバイル(イル)族からなる。15世紀にビクトリア湖北方地域には伝説的なバチュウェジ王朝が成立したといわれるが,まもなく崩壊し,王族のうちのヒンダ(ルヒンダ)王族はアンコーレ(ヌコーレ)王国を形成し,ビト王族の形成したブニョロ・キタラ王国に対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアンコーレ族の言及

【ウガンダ】より

…【中村 和郎】
[住民,社会]
 国名が〈ガンダ族の国〉に由来するように,ガンダ族が最大の人口(1983年で17.8%)を持つ。ついでテソ族(8.9%),アンコーレ族(8.2%),ソガ族(8.2%),ギス族(7.2%),チガ族(6.8%),ランゴ族(6.0%)などが有力である。 ウガンダの住民構成は,さまざまな種族の移住の歴史により複雑になっている。…

【スクマ族】より

…スクマ族の口頭伝承によれば,先祖はタンザニア中央部に住むニャムウェジ族から分かれて,この地に北上してきたと伝えられる。伝統的には39もの首長国chiefdomに分かれていたが,各首長はかつて北から侵入してきた牧畜民アンコーレ族のうちのバヒマ(ヒマ)族の子孫であるとの系譜をもっている。首長は祖先を崇拝する儀礼の中心でもあり,政治的・宗教的権威を担っている。…

※「アンコーレ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone