アンチノック性(読み)アンチノックセイ

化学辞典 第2版「アンチノック性」の解説

アンチノック性
アンチノックセイ
antiknock property

燃料用ガソリンとしてもっとも重要な性質の一つ.ガソリンはエンジン内でノッキングとよばれる異常燃焼を起こすことがあり,この現象を起こしにくいガソリンの特性をいう.ノッキングが起こると出力が低下し,過度に起こると故障の原因となる.圧縮比が高く,出力の高いガソリンエンジンほどノッキングが発生しやすく,それだけアンチノック性の高いガソリンを使用する必要がある.この性質を数量的に示す指数としてオクタン価が用いられる.ガソリンのアンチノック性は,その化学的成分によって大差があり,分枝状脂肪族および芳香族炭化水素がもっとも高く,直鎖状パラフィンがもっとも低い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「アンチノック性」の解説

アンチノック‐せい【アンチノック性】

ガソリンの、内燃機関のシリンダー内でノッキングを起こしにくい性質。オクタン価で示される。耐爆性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android