アンティオコス[7世](英語表記)Antiochos VII

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオコス[7世]【Antiochos VII】

前159ころ‐前129
シリア王国の王。在位,前139か138‐前129年。デメトリオス1世の次子。パルティアの捕虜となった兄デメトリオス2世のあとを襲って即位。前134年ユダヤ人に宗主権を認めさせ,対パルティア遠征(前130‐前129)でも,はじめバビロニアとメディアを回復するなど戦果をあげたが,反攻にあい敗死。これによりセレウコス朝は東方所領を最終的に失うことになった。【大戸 千之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android