コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオコス[7世] Antiochos VII

1件 の用語解説(アンティオコス[7世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオコス[7世]【Antiochos VII】

前159ころ‐前129
シリア王国の王。在位,前139か138‐前129年。デメトリオス1世の次子。パルティアの捕虜となった兄デメトリオス2世のあとを襲って即位。前134年ユダヤ人に宗主権を認めさせ,対パルティア遠征(前130‐前129)でも,はじめバビロニアメディアを回復するなど戦果をあげたが,反攻にあい敗死。これによりセレウコス朝は東方所領を最終的に失うことになった。【大戸 千之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンティオコス[7世]の関連キーワードアッシリアクロイソスセレウキアセレウコス朝バクトリアパレルモ両シチリア王国新バビロニア王国セレウコス一世ネブカドネザル二世

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone