コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオコス[7世] Antiochos VII

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオコス[7世]【Antiochos VII】

前159ころ‐前129
シリア王国の王。在位,前139か138‐前129年。デメトリオス1世の次子。パルティアの捕虜となった兄デメトリオス2世のあとを襲って即位。前134年ユダヤ人に宗主権を認めさせ,対パルティア遠征(前130‐前129)でも,はじめバビロニアとメディアを回復するなど戦果をあげたが,反攻にあい敗死。これによりセレウコス朝は東方所領を最終的に失うことになった。【大戸 千之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アンティオコス[7世]の関連キーワード消滅核種相場操縦アッタロス朝アンチオコス7世ゼノロジーALPSWTIエウメネス[2世]梁冀エウクラチデス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android