アンデシュ・テーオドール・サーミュエル ニーグレン(英語表記)Anders Theodore Samuel Nygren

20世紀西洋人名事典の解説

アンデシュ・テーオドール・サーミュエル ニーグレン
Anders Theodore Samuel Nygren


1890.11.15 - 1978.10.20
スウェーデンのルター派教会神学者。
元・ルンド大学教授。
イェーテボリー生まれ。
1912年牧師となり’24〜58年ルンド大学で組織神学教授を務め、のちルンドの監督となる。ルンド学派と呼ばれる新しい神学研究を推進した代表者である。一方世界教会運動でも積極的に働き、’48年世界教会協議会結成に貢献。’47〜52年ルーテル世界連盟の初代議長として活躍、著書に「エロスとアガペ」(全2巻、’30年、’37年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アンデシュ・テーオドール・サーミュエル ニーグレン

生年月日:1890年11月15日
スウェーデンの神学者
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android