コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントニア(小) アントニア[しょう]Antonia, Minor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントニア(小)
アントニア[しょう]
Antonia, Minor

[生]前36.1.31.
[没]後37
古代ローマの政治家 M.アントニウスオクタウィアの下の娘。 N.C.ドルススと結婚し,ゲルマニクスリウィラ,皇帝クラウディウス1世を産んだ。 31年セヤヌスの陰謀をチベリウス帝に知らせた。孫ガイウス・カエサル (カリグラ) が帝位につくと,彼女は多くの栄誉を与えられたが,のちにガイウス・カエサルを批判したため自殺を強いられたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android