アントニオ パチノッティ(英語表記)Antonio Pacinotti

20世紀西洋人名事典の解説

アントニオ パチノッティ
Antonio Pacinotti


1841 - 1912
イタリアの電気物理学者。
元・ピサ大学教授。
父はピサ大学の教授で、ピサ大学で学ぶ。1864年ボローニャ大学、1873年カリアリ大学教授を経て1882年父の後を継ぎ、ピサ大学教授に就任した。1905年元老院議員となる。1860年環状構造の電機子、多重巻き電機子コイル、多重片整流子を備えた電動機を組み立てるが、1870年環状構造の電機子を使ったグラムの発電機が実用化され、初めて功績が認められる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android