アントン アレンスキー(英語表記)Anton Stepanovich Arenskii

20世紀西洋人名事典の解説

アントン アレンスキー
Anton Stepanovich Arenskii


1861.7.12 - 1906.2.25
ソ連(ロシア)の作曲家,理論家
ウゴロド生まれ。
ペテルブルグ音楽院リムスキー・コルサコフに学ぶ。卒業後、モスクワ音楽院で教え、後に教授を務める。モスクワ派として活動。1895年〜1901年ペテルブルグ宮廷聖歌隊指導者となる。旋律性と悲歌的・ロマンス的雰囲気が特徴の作品を生み出す。主要作品はオペラ「ヴォルガ河畔の夢」(1890年)、「ラファエル」(1895年)、バレエ「エジプトの夜」(1900年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android