アンパートマン(英語表記)empâtement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンパートマン
empâtement

絵画用語。画面に絵具を塗ること。特に筆やパレットナイフの使用によって盛上げの効果を出す場合に用いられる。インパストとほとんど同義語。近代絵画では,初期のセザンヌ,ゴッホ以後,効果,表現力などの目的で,アンパートマンが重視される。 J.フォートリエの作品などがその例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android