コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンパートマン empâtement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンパートマン
empâtement

絵画用語。画面に絵具を塗ること。特に筆やパレットナイフの使用によって盛上げの効果を出す場合に用いられる。インパストとほとんど同義語。近代絵画では,初期のセザンヌ,ゴッホ以後,効果,表現力などの目的で,アンパートマンが重視される。 J.フォートリエの作品などがその例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android