コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィオンとゼトス Amphion and Zethos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフィオンとゼトス
Amphion and Zethos

ギリシア神話に登場する双子の英雄。ゼウスの種によりアンチオペから生れ,生後すぐキタイロンの山中に捨てられたが,牛飼いによって拾われて成人し,母を迫害していたリュコスとその妻ディルケを殺し,テーベの支配者となった。7つの城門をもつ有名なテーベの城壁を建設したのは彼らで,そのおり大力のゼトスは石を背負って運んだが,音楽の名手であったアンフィオンは,竪琴を奏 (かな) で石を動かしたという。アンフィオンはタンタロスの娘ニオベと結婚し,多くの子宝に恵まれたが,ニオベがあるとき,自分は母としてアポロンアルテミスを生んだレト女神にまさると自慢したため,息子と娘たちはそれぞれ,アポロンとアルテミスの矢に射殺され,彼自身もアポロンに殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンフィオンとゼトスの関連キーワードアポロニオス[トラレス]ギリシア神話テーベ伝説ライオス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android