コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンマナーティ Ammannati, Bartolommeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンマナーティ
Ammannati, Bartolommeo

[生]1511. セッティニャーノ
[没]1592.4.22. フィレンツェ
イタリアの建築家,彫刻家。ミケランジェロやヤコポ・サンソビーノの影響を受けマニエリスム的作品を発表。イタリア各地で活躍したが,1555年頃からフィレンツェに定住。建築では同市のサンタ・トリニタ橋 (1567~70) ,パラッツォ・ピッティの拡張 (58~70) が代表作。また G.ビニョーラや G.バザーリと協力して教皇ユリウス3世のためのローマのビラ・ジュリアの建設にもかかわっている (52) 。彫刻ではフィレンツェシニョリーア広場ネプトゥヌスの噴水 (63~75) がある。晩年,対抗宗教改革運動に刺激されて初期の世俗的な作品や裸像を破壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンマナーティの関連キーワードジョバンニ・ダ・ボローニャミケランジェロバンディネリカルドゥッチ6月18日ボボリ庭園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android