アンラーニング(読み)あんらーにんぐ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

アンラーニング

「学習棄却」と訳される。いったん学習したことを意識的に忘れ、学び直すこと。 継続的な成長のためには、2種類の一見相反する行動、いわゆる学習(learning)と学習棄却(unlearning)のサイクルを回していくことが必要とされる。 このアンラーニングとは、個人のレベルにとどまらず組織学習の議論の中で注目されている概念で、組織が不確実な環境の中で継続的にイノベーションを実現していくためには不可欠の学習行動とされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンラーニング(unlearning)

既得の知識・習慣を捨てること。環境変化の激しい現代社会を生き抜くために、過去経験にとらわれないよう、意識的に学習知識を捨て去ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

アンラーニング

「アンラーニング」(unlearning)とは、いったん学んだ知識や既存の価値観を批判的思考によって意識的に棄て去り、新たに学び直すこと。日本語では「学習棄却」「学びほぐし」などと訳されます。個人や組織が激しい環境変化に適応して、継続的な成長を遂げるためには、いわゆる学習(ラーニング)と学習棄却(アンラーニング)という、2種類の一見相反する学びのプロセスのサイクルをたえず回していくことが不可欠とされます。
(2012/11/26掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android